シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採用方針:求める人物像。どうなって欲しいか?

018-question_free_illustration

過去三回にわたって、採用活動から始まる当社のビジョンについて、お話をしてきました。

今回は、当社にご入社いただくエンジニアの方に求めるもの。それは、どんなスキルを持っているか、という採用条件ではなく、当社でどう成長して欲しいか、どのように活躍して欲しいか、についてお話をさせていただきたいと思います。

前回の「長期計画:人材育成と自由なキャリアパス設定」にて、当社の現在の募集職種は、業界経験1年以上の若手エンジニア、または業界経験3年以上の中堅・ベテランのエンジニアであることをお話しました。

若手エンジニアと中堅・ベテランのエンジニア。

もちろん最終的なゴールはどちらも同じなのですが、それぞれに期待することがあります。

  • 若手エンジニアには、、、
    • 当社で生まれる新しいビジネスに貢献するためのスキルアップに努めて欲しい
    • この仕事に希望と誇りを持ち、夢とやりがいを感じながら働いて欲しい
  • 中堅・ベテランのエンジニアには、、、
    • 即戦力として、当社のSES事業に対する直接的な貢献をして欲しい
    • 若手エンジニアの手本となり、彼らの教育・成長に協力して欲しい
  • 最終的に当社の社員には、、、
    • 身につけたITスキルを活用して新しいビジネスを生み出して欲しい
    • 当社で生まれる新しいビジネスの中心人物として活躍して欲しい

慢性的な人材不足を抱えているIT業界において、若手エンジニアである皆さんは本当に貴重で、価値のある存在です。

もちろん、皆さんの中には元々エンジニアを目指していた訳ではない人もいるかも知れません。

ですが、ITのスキルを身に付けておくことは、今後の社会人生活においても絶対に損をしないということだけは、強く言っておきたいと思います。

それは、どんな業界、どんなビジネスにおいても、今やITの要素が絡まないという事は考えられないからです。

 

あなたがもし、この先エンジニア以外の仕事がやりたいと思っていても、その仕事では、まず間違いなくITを活用することができると思います。

あなたがもし、ITスキルを十分に使いこなすことができたのなら、その仕事はより効率的に、そしてより成果が上げられるものになるかも知れません。

あなたがもし、趣味として楽しんでいることがあるのであれば、そこにITの要素を絡めることで、もっとその分野を楽しめるようになるかも知れません。

あなたがもし、その分野の発展・活性化のために、自分のITスキルを活用することができたのなら、その分野のことをより深く、さらに好きになれるかも知れません。

 

「ITスキル」を身に付けることには、そういった「自分自身の今後の無限の可能性」を与えてくれることにも繋がっています。

実際、当社で生まれる新しいビジネスの構想は、趣味や生活の中から湧き出てくるものが殆どです。

当社はITプロ集団の会社でありながら、様々な業界・分野に挑戦できる企業でありたいと考えています。

システムフリージアでなら、自身のITスキルを磨きながら、ゆくゆくはエンジニア以外の仕事ができるようになるかも知れません。

システムフリージアでなら、ゆくゆくは自分の好きな分野でITを活用できる仕事に就けるかも知れません。

そう考えれば、今、目の前の仕事をこなすのに精いっぱいで、5年後、10年後の将来が見えないと感じているあなたでも、夢や目標をもって働くことができるのではないでしょうか?

あなたが「ITスキル」を使って何ができるのか。

そのためには、先ずは自分自身の「ITスキル」を磨かなければなりませんし、そのサポートを会社としてしっかりと行っていきたいと考えています。

あなたのご応募をお待ちしています。

(次回に続く)

The following two tabs change content below.
社長

社長

オープン系アプリケーションシステムのエンジニア・プロジェクトリーダーとしてパッケージシステムの開発に従事した後、経営企画職を経て、現在、株式会社システムフリージア代表取締役。 経営者としての顔を持つ一方、自社ビジネス拡大のためプロジェクトマネージャとしても活躍中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする