シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業沿革:設立五年目、これまでの当社の実績

l_208

こんにちは、代表の富山です。

当社での採用活動にかける私の“思い”を、全五回にわたってお話してきました。

・第一回「採用計画:事業拡大と新規事業の開始に向けて
・第二回「中期計画:新たなビジネスへの挑戦を加速させる
・第三回「長期計画:人材育成と自由なキャリアパス設定
・第四回「採用方針:求める人物像。どうなって欲しいか?
・第五回「採用方針:会社の中心人物としての活躍を期待!

これらはいずれも、当社の「未来」についてお話させていただいたものになりますが、今日は「過去」を振り返ってみたいと考えています。

 

当社は2012年9月に設立された会社です。

私の前職は当社と同じシステム開発会社で、やはりクライアント先に常駐してシステム開発を行うビジネス(SES事業)を行っていました。

当時は予算作成業務や新規事業の企画・立案を行う経営企画職に就いており、特に新規事業の企画・立案の業務には力を入れていて、様々なビジネスの構想を打ち出し提案していました。

しかし、その会社は(経営企画という部署を設置はしていたのですが)どうしても古い企業体質からの脱却ができず、会社の一社員では自分の思う通りに進まない事が多く、非常にもどかしく感じていました。

そこで、自分の思うまま、やりたいように、自由に新しいビジネスに挑戦していける環境を求めて起業したのが、システムフリージアです。

 

当社で実現したい事は一つ、それは「自社サービス」を提供する事です。

もちろん、起業当初は社員数も少なく、自社製品もありませんでしたので、前職と同様にSES事業を展開しつつ、先ずは他社が開発・販売をしている「今後、更に発展が見込める将来性の高いパッケージ」の開発に携わらせていただき、そのパッケージを基にSI事業を展開する事を考えました。

当社で取り扱う、マルチバリュー型データベース「ビッグデータロボ」や、SNS構築ソフトウェア「OpenPNE」は、その取り組みの成果であり、今ではそれぞれ販売代理店、開発パートナーとなるまでに至りました。

 

これと同時進行で進めていたのが、自社製品開発へ向けた二つの取り組みです。

  • 製品開発事業部の起ち上げに必要な利益の確保
  • 製品開発に必要なデザインのノウハウ強化と蓄積

まず、利益確保の為にはSES事業を拡大する必要がありましたので、SES事業専任営業を配し、事業拡大のためのパートナー企業開拓、更にはフリーランス(個人事業主)開拓も行い、結果として創業以来、毎年増収の黒字経営。加えて2016年度の売上は、前年度比126%増となる見込みとなっています。

また、システム開発会社の弱みである事が多いデザイン面のノウハウを強化するため、当社専任のデザイナーを抱える事にしました。そして、デザイナーの作業を定常的に確保する目的として、ホームページ制作事業を開始し、既に複数案件の受注に至っています。

 

そして2015年7月、当社でも小規模な一括受託開発案件が受注できる規模にまで成長した事もあり、受託開発案件に従事するエンジニアが中心となって、(事業部の立ち上げまでには至っていませんが)いよいよ製品開発の実作業がスタートしました。

 

ここまで、順調に成長を続けてきた当社。

ゆっくりとではありますが、私がやりたかった事への実現に向けて、確実に前へ進んでいます。

そしてこれからは、その成長をよりスピード感を持って前に進んでいきたいと考えています。

その為にも、あなたの力を是非とも貸して欲しいのです。

皆様のご応募を、心よりお待ちしております。

The following two tabs change content below.
社長

社長

オープン系アプリケーションシステムのエンジニア・プロジェクトリーダーとしてパッケージシステムの開発に従事した後、経営企画職を経て、現在、株式会社システムフリージア代表取締役。 経営者としての顔を持つ一方、自社ビジネス拡大のためプロジェクトマネージャとしても活躍中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする