会社の歴史を知る

役員クロストーク

役員クロストークインタビュー:3

システムフリージアの今とこれから、役員からのメッセージ

村田:現在は色んな事を乗り越えて、システムフリージアはどのような会社に成長したと感じておられますか?

富山:まあ、まだ成長したって程の会社じゃないとは思うんですけどね。
でも確実に、当初の目標である自社のサービスないし商品を作るっていう所には向かってきているかなとは思ってます。

設立した当初は、会社としての経営状況を安定させること、+α自社サービスを創るノウハウを身に付けるって意味で、私も現場に出てたんですけど、今は社員もそれなりに増えてきて、私も現場を抜けてずっと自社にいられるようになりました。

やっぱりその、現場にいるとどうしても現場優先になっちゃうんで、なかなか自社の事ができなかったんですけど。現場を抜けてからは、ちょっとずつですが、自社サービスの開発に向けて進んでいてですね。今ようやく、社員の一人を社内SEにして、自社製品開発部を創ろうかという所まで来ているんですよ。

村田:これからが正念場と、本番がやっと来たっていう所ですかね

富山:そうですね、はい。という所になってきているので、まあそういう意味では、確実に進んできてはいるんだろうなという思いもあるし、社員も「この会社が目標に向かって確実に進んでるな」という実感を持ってもらっているんじゃないかとは思ってますね。

なので、そのウチの自社サービス・自社製品を創るっていう目標の為に、今は頑張ってるんだっていう理解を、社員はしてくれているという事を、凄く感じています。

まあ後は、製品を作るっていう所と併せて、その先では製品を売ってかないといけないので、その売るっていう所の、マーケティングだったりとか、セールスだったりとか、そういう所のノウハウが、ウチには必要だと思っています。

社員が参画するプロジェクトを探す営業は石井がやってるんですけど、それ以外の、要はモノを売るっていう“商材営業”っていうのは、全くやった事が無いんで。そういう所のノウハウも今、まあ、私がにはなっちゃうんですけど、ちょっとずつ勉強している所もあるので、そういう意味でも確実に前に進んでいっているんじゃないかなと。

まだまだ成長しているとは言えないですけど、ちゃんと成長段階にはあるのかなというのは凄く感じますね。

村田:石井さんはどのように感じておられますか?
システムフリージアは現在、どんな会社になってると思いますか?
会社の現状について、その印象をお伺いしたいんですけど。

石井:現状の印象としては、まだまだ人が足んないなという印象ですね。

正直な所、今はまだカツカツで、人一人空くだけでも会社が大変になるぐらいの、そういう状況で動いて、推移しているという風に思っておりますので。創業からはね、何とかこう営業で上手くね、そこを賄う事ができてはいるんですけど。

でもやっぱり、あともう少し人を増やしていかないと、余裕が出ないのかなというのが、私の思いであり考えではありますね。

ただ以前と比べたら、やっぱり少しずつ動いているというのもありますし、社員もそういう気持ちでね、少しずつ変わってきたというのがありますので、本当にこの数年の間に成長したと感じてはいます。

村田:ありがとうございます。
では最後に、求職者に対してのメッセージをお二人から頂きたいと思うんですけれども。

石井:それぞれの会社さんで働いている皆さんの中には、自分は今の会社に合わないんじゃないかという思いがある人もいるだろうと。

そういった思いのある人は、一度我々とお話をさせてもらって、我々の事を、我々の会社の事を理解してもらって、そしてそこでシステムフリージアは良いなという風に思ってもらえれば、一緒にこの先、新たな人生、歩んでいければと、「我々と一緒に同じ思いを持ってやっていきましょう」という風には思っています。

富山:…え、それで終わりですか!?

石井:いやー上手くまとまんないけど、求職者へのメッセージとしてはそんな感じです!(笑)

ただ、面白い会社という事だけは、そこは分かっていただきたいと。
それを知ってもらう為にもお話を、お話を一緒にさせてもらえませんかと、いうことですね。

村田:富山さんは?

富山:とにかくウチの会社は人が足りないんですよ。やりたい事は沢山あるんですけど、人が足りないんで。

村田:とても伝わってきました。

富山:だから、もしウチの会社の目標とかやり方とか、もう何でもいいのでとにかく少しでも興味を持ってくれるんだったら、是非、是非、まずは会社説明会からでもいいんで、いつでもやりますんで、まずは会いに来て欲しいなと。

で、ウチの会社のやり方やビジョンに共感できる部分があるんだったら、一緒に、とにかく力を貸して欲しいなと、いう風に思いますね。

その、社員にクライアント先で開発業務に従事してもう会社って色んな会社があると思うんですけど、どの会社もたぶん、このままこれだけやってたらダメだなとは思ってるんですよ、きっと。でも、じゃあ何をすればいいのか分からない。

その中で、明確な目標とビジョンを持って、実際に本当に少しずつでも前に進んでいってるのっていうのが、ウチの会社の良い所、強みでもあるとは思うので。それに今、既に自社製品がある会社、自社サービスを持ってる会社じゃなくて、これから作っていく会社なので、もう本当にスタートの所から関われるっていう所では、自分のやる仕事に対して、良い意味でのプライドと、やりがいを持てるようになるとは思うので、そういう気持ちがある人は是非、是非ウチに来て欲しいなと思います。

村田:昔の富山さんのような、血気盛んな若者に是非来ていただきたいという所ですかね。踏み台にしてやるぜ!くらいの。

富山:そうですね。若い人だったら、特に。どんな人でもいいと思います。
とにかく、ウチに興味や共感を持ってくれる人と一緒にやりたいなと。

村田:熱いメッセージをありがとうございました。

富山:いえいえ。それで一人でも多くの人がウチに興味を持ってくれるんであれば。

村田:そうですね。

あっという間でしたが、お時間が来てしまいましたので、今回のインタビューはここまでとさせていただきたと思います。
本日はお忙しい中、どうもありがとうございました。

石井:ありがとうござました。

富山:こちらこそ、ありがとうございました。

◆村田メモ⑥◆
=システムフリージアの採用計画=
現在、システムフリージアさんの社員数は9名ですが、2020年までに社員を20人まで採用したいという具体的な目標値を、今回お聞きすることができました。

自社開発を行う製品開発部を維持しつつ、フリースタイル開発事業の方でも余裕が出てくるようになる為には、そのくらいの人数までには会社を大きくしたいという事のようです。

事業拡大のために、今まで以上に採用活動に力を入れてきたシステムフリージアさん。
入社するなら、今はとても良いタイミングなのかもしれませんね。

前へ. 【役員クロストークインタビュー:2】システムフリージアの裏表(うらおもて)、成長の理由と障壁