社員インタビュー

これからのキャリアに悩んでいるシステムエンジニアには、ぴったりの環境があります

K.S

役職:マネージャ
入社:2015年

中途採用

理系出身

得意な仕事:開発工程、テスト工程
好きな言語:Java、JavaScript、SQL
趣味:イラスト・漫画制作、ゴルフ、映画鑑賞(主にホラー)、アニメ鑑賞

photo-ks01

インタビュー

システムフリージアに転職したきっかけは?

photo-ks02

入社したのは2015年ですね。きっかけは社長からお声がけいただいたことです。丁度その時が入社して4年目ぐらいで、マンネリ化しちゃってた事もあり、ちょっと転職時期かなと思っていて。

前職では最初の仕事こそ、社員さんと一緒になったんですけど、それ以降は一緒の現場で仕事することが無くって、基本的には一人で行ってたんですけど、それが二、三年続いて。他の会社の方と一緒に入るってことはあったんですけど、実際の上司の人に、何かを教えてもらったりというのをしてきてたとか、そういうコミュニケーションの機会がほぼ無かったので、このままだとちょっとマズいなと思いまして。

ただ、転職した今の現場も、残念ながら一人なんです。でも、一緒に入れない理由って言うのを、ちゃんと営業の石井から聞いて納得できていますし、将来的には一緒に仕事ができるように力を注いでくれるっていう事だったので、今の所は不満はないですね。

もちろん転職した理由はそれだけじゃなくて、社長とは以前同じ会社に所属し、新人研修時に大変お世話になったことや、その時の業務への取り組みを見て、信頼に足る人物と知っていたのでお誘いを快諾したという背景もあります。

転職に関しては全てにおいて前職より良くなる事は確信していたので、特に不安はありませんでした。

会社の好きなところは?

photo-ks03

社員の距離が割かし近いので心地良く、個人的には結構好きですね。前職よりも透明性は格段に上がりました。

社長も営業の石井もエンジニア出身ということで、自分たちの気持ちを理解してくれてるなとかってのも感じたりします。

例えば、一つ前の現場なんですが、深夜帯のシフトがあったりしたんですけど、そういう話は事前に情報として聞いていなかったんで、そういう時に、営業の石井がお客さんと上手く話してくれて、「深夜作業に関しては僕は無理です」みたいな感じの事をお客さんに言ってくれたりして。その時に働いている現場での評価とか希望とか、そういう所を逐一聞かせてくれたり、聞いてくれたりするので、色々「こうしてくれ」みたいなのをちゃんと働かせてくれています。

前社ではそういうのが思い出せることが無かったので、恐らくなかったんだと思っています。

基本的に営業が探してくれた案件は、ある程度自分のスキルにマッチしているので、マッチングがひどい会社とかもある中で、そういう所は、安心して任せられるなというのはありますね。無理して案件取ってきて、無茶してアサインしてとかっていう話は、基本的にウチではありませんね。

それから、社長との距離の近さも感じます。

仕事で自分のスキルに合わないというか、自分のスキル的にちょっと厳しい所があって、それで社長に直接相談したりすると、こういう風に作業を進めていけば、スキルが足りなくても少しずつ進めていけるんじゃないかっていう、具体的な業務の進め方のアドバイスをいただけたりするので。

他にも、社長が夢とかやりたい事っていうのを、結構熱意を持って話してくれるんで、社長が近い事によって、会社全体として将来的にどうしていくっていうビジョンが身近に感じられて、そういう所がまた良かったりします。

社長と距離があったら、結構そういう事って分からないと思うので。
前職の時は、良く分からなかったんですよ正直。会社として、何をしていきたいのか、把握できてなくて。

まだまだこれから大きくなっていく会社ではあるんですが、個人的には現状でも結構魅力的な会社だと思いますね。

仕事のやりがいは?今後の目標は?

photo-ks04

現在は保険会社での市場管理の為の統計算出・及びシミュレートの為の、DWHを使用した統計システム・シミュレーションシステム開発に携わっています。

保険の商品はいっぱい種類があるんですけど、細かい違いによってシステムのロジック変えてかなきゃいかない所が多々発生するんです。そういう所に対して、この商品の場合は、こういう風な処理にした方が良いんじゃないか、っていう提案ですかね。システム屋から見て、業務用件を満たすにはどうしたらいいって言うのを考えて、それを提示して一緒に創っていく、というのは楽しいです。

もちろん、こちら側だけでは保険の知識が十分じゃないので、実際に保険会社の人とかと折衝して、足りない所を指摘して貰ったりして、どんどんいいものに仕上げていく、というのはやりがいがあります。

今の現場では、実際には開発だけじゃなくて、設計とかテストか要件定義とかにも携われています。幅広く携われるというのは、一つの事をずっとやってるよりも面白いです。

今後の目標としては、今の所は特にビジョンはないんですけど、会社として作りたいものがあった時に、自社開発要員として会社に貢献していければと考えています。基本的には既に出来上がっているものに追加したり、作成途中の案件に入って、という開発ばかりで、ゼロからシステムを作っていくっていう機会ほとんどないので。

その為に必要な技術っていうのを、今のうちにちょっとずつでも勉強していこうかなと思っていまして、今はWEB技能者検定の資格の勉強を、会社の方でサポートしてもらいながら頑張っています。

将来的には、趣味等からITで解決したいと思える様な事を見つけて提案出来たら良いなと、漠然と考えています。

こんな人がうちに合っていると思います

photo-ks05

うちの会社って、将来的には自社開発と客先常駐の両方をやっていく構想で、最終的には自分に合った仕事をセレクトできるようにしたいっていう話なんで、そういう意味でも、今、自社開発が良いのか、客先常駐が良いのか迷ってる人には、両方試せる環境になると思うので、それは大きいかなって思います。

それから、社長の趣味が結構、仕事になったりする事がありますね。音楽の楽団に参加してたりとか、ダイビングやってたりするんですよ。その人達をシステム側からどう助けていくのかっていうのを、実際の仕事として考案して進めて行ったりとか。色々と考案して、色んな事に挑戦してるので、そういう所は結構面白いなって。

なので、好奇心旺盛な方はもちろん、将来どの道に進むか迷っている方にも向いていると思います。

客先常駐で様々な技術の習得、あるいは一貫した技術の錬磨も可能ですし、自社開発で社長の夢を身近に感じながらの仕事など、バリエーションに富んだ業務体制になるので、自由度の高い将来設計が可能だと思います。

社長である富山との距離が近いので、意見も反映されやすいですし、営業を担当している石井は、現場の声を重視してくれますし、組織のフェーズとしては、今入社するメリットはすごく大きいと思います。

ですので、ぜひご応募していただければなと思っています。

週間スケジュール

スケジュール表

他の社員インタビューも見る