必ずしもPG→SE→PL→PMを求めないシステムフリージア

キャリアパスと言えばPG→SE→PL→PMという流れが一般的ですが、当社の場合は必ずしもそうでなくても良いと思っています。
手を動かすのが好きならば、プログラムのエキスパートを目指せばいいし、マネジメントに挑戦したいなら、相応しい案件を探します。自分の目指す道を決めて頑張るエンジニアを、全力でバックアップをするのが会社の責任だと考えています。

前職ではマネジメントを任されていましたが、その環境自体が私にとってはストレスでした。とにかく、ずっと自分で手を動かしていたかったんです。だから、当社の面接を受けた時はとにかく開発の最前線を希望しました。
その甲斐あって、今はアジャイル型の案件に配属してもらえ、上流から下流までの一連の中で、希望通りにガリガリ手を動かしています。今後は、この環境を活かして、技術面で後進の育成に関わっていきたいですね。

社員インタビューでは、当社での仕事のやりがいについても触れていますので、ぜひご一読ください。